みんなキレイにしてあげる!はコスメティッククリエイターであるマッシュのブログです。


by mash-cosme

<   2010年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

強運の経営者♪

月に一度のノースポイントの会議の後、恒例の飲み会議があります。

会議の後の自由な話し合いは時に本会議以上のアイデアや良案が出るものです。
そこには学ぶことの面白さがあり、いつも気付きの場になります。

昨夜も有り難うの対義語は何かを知り愕然としました。皆さんも考えてみてください。

さていつも思うことに経営者の資質は何かを話したいと思います。

勿論リーダーシップや財務諸表が読める等も大事な要素です。

然し強運という資質はあらゆる能力を凌駕すると思います。

長嶋茂雄がジャイアンツの納会でやるジャンケン大会の練習をする話しは有名ですが、本当に優勝してしまうのも強運の為せるところだと思います。

ある大手スーパーの経営者は戦時中フィリピン沖で船が沈められ千人以上が犠牲になった中生き残った数人の一人です。

強運という資質は経営者にとっての最大の武器であり、時にあらゆる能力を超えて会社を牽引発展させる原動力になっています。

ノースポイントの飲み会議も深夜まで続き帰りはタクシーになりました。

名古屋では8000台のタクシーが走っているのですが、たった一台ゴールドのタクシーが走っています。

この幸運のタクシーに井上社長は二度目の乗車になりました。

こんなところにも強運は表れます。

運を意識するところから始めてみてはどうでしょうか。

ちょっと成功した人は努力しましたと言い、かなり成功した人は他人のお蔭と言い、大成功した人は運が良かったと言います。
[PR]
by mash-cosme | 2010-07-31 16:17 | Comments(0)

見解の追加♪

ナノ化コラーゲン若しくはナノカプセルコラーゲンならどうですか?という質問が後からありましたのでお答えします。

日本のナノ技術は世界トップレベルにあります。

しかしそれは工業や医療分野での話しであり化粧品業界には余り関係ありません。

健康食品も然りです。ナノがすべての分野に恩恵を与えているわけではありませんのでご注意ください。

ナノカプセルコラーゲンですが、ボトルのなかにナノカプセルコラーゲンだけを浮遊させる技術でもあればほんの少しは話しを聞きますが、それは不可能です。
特に高分子を多用する化粧品は尚更です。

ですからナノだと言っても浸透しませんし、もし浸透したら人体に危険を及ぼします。
[PR]
by mash-cosme | 2010-07-30 12:09 | Comments(0)
低分子コラーゲン研究者の方から反論がありました。
分子量700まで(アミノ酸の数でいうと5〜6個)低分子化しているのでスムーズに吸収されます。という反論でした。

反論自体が私の話しを理解されていないようです。

吸収されても身体はそのコラーゲンを異物としてしかみないので排泄します。異たんぱく質はあまり栄養としては利用しないのでアレルギー反応等を起こすのです。

吸収イコール栄養ではないことをご理解ください。
[PR]
by mash-cosme | 2010-07-30 09:04 | Comments(0)

低分子化コラーゲン?

質問にお答えします。

大手の写真関連メーカーの低分子コラーゲンを飲んで美肌になりますか?という質問です。

まずはっきり申し上げますが、コラーゲンを飲んでも美肌にはなりません。

そのメーカーは低分子化技術で吸収云々というコマーシャルも見ましたが全く関係ありません。

髪も肌も構成成分のほとんどがたんぱく質です。だからと言ってコラーゲンをのんでそのコラーゲンが肌のたんぱく質を作るわけではありません。

日本人の美肌の元は含水炭素です。ご飯(白米は不可)に黒ゴマ塩(黒ゴマ4に藻塩1の割合で混ぜたもの)をかけて食べるのが一番です。副菜は根菜を辛く煮付けたものと味噌汁が最も美肌を創る食事です。

コラーゲンのドリンク剤は異物です。身体がそれを使うことはありません。
[PR]
by mash-cosme | 2010-07-29 12:18 | Comments(0)

青春18きっぷ♪

青春18きっぷをご存知ですか?

春、夏、冬の学校の休みに売り出されるお得なきっぷです。

名前からすると学生用の印象がありますが誰でも使えます。

11500円で5日間、もしくは5人で普通列車が乗り降り自由となります。

このきっぷが売り出されると旅情が湧いてきます。

ラーメンの食べ歩きや温泉巡りと毎回重宝しています。

今回は思い切って北海道か四国の方まで足を延ばそうか思案してます。

高速の無料化でマイカーで出掛ける方が多いと思います。渋滞で苛々するよりのんびり鉄道の旅もたまにはいいものですよ。

最近企画きっぷがよく発売されるので駅でチェックしてみるとかなりお得なものがあります。特にJR東日本は種類もお得感も他より優れています。

鉄道の旅は寝られる、本が読める、車窓の楽しみとどの旅より優位だと思います。

この夏は青春18きっぷで未知の旅をしてみてはどうでしょう。
[PR]
by mash-cosme | 2010-07-28 16:23 | Comments(0)

喉元過ぎれば…♪

中国の冷凍餃子問題は未だ解決をみない中、中国からの食品輸入は増える一方です。

ファストフード以上のリスクを伴ってまで中国から食品輸入を増やすことは必ず大きな代償を支払う羽目になること必至です。

国内の真面目な農業従事者を護ることは我々にも出来ます。

このような方から直接生産品を買って行けば輸入食品に頼らなくてもいいようになります。

雑誌やネットで簡単に生産者とアクセス出来ますので利用しましょう。

大挙して押し寄せて来る中国人の何パーセントかは不法滞在者になっています。
新たなチャイナリスクを我々は背負ってしまいました。

中国からの輸入食品を買わないことはリスクを一つ減らすことです。もっと真剣に考えましょう。

歴史に学ぶ姿勢を何度も忘れてきた我々は、その都度大きな国難に晒されてきました。

安いからという理由だけで中国からの食品を買うのだけは止めましょう。
[PR]
by mash-cosme | 2010-07-27 18:01 | Comments(0)

土旺用事―土用♪

陰陽五行の各季節の終わり18から19日間を土旺用事と言って神様が土地を使う期間としました。つまり土用です。

今では夏の土用だけがうなぎとセットで有名になり過ぎ、本来の土用の意味も目的も忘れられてしまいました。

昔は土を使うすべての仕事はこの期間は休みでした。絶対に土いじりはしませんでした。

今ではこの類いの話しはすべて迷信と片付けられてしまうことに寂しさを感じます。

神話や迷信はれっきとした文化であり、民族の歴史のベースです。日本人が戦後喪った最高の文化です。今掘り起こさないと本当に忘れ去られてしまいます。

土旺用事…土用は絶対に土いじりをしてはいけません。当然家を建てることなど有り得ません。

季節外れのうなぎを食べてる場合じゃありません。土用の期間は人間の力の及ばない力が働く期間です。

故松下幸之助氏が成功するには人間の叡智が及ばない力を認め、その力に自分を委ねる勇気が必要だと言っておられました。(松下氏の観音信仰はその表出と思われます)

土旺用事を考える日となることを期待します。
[PR]
by mash-cosme | 2010-07-26 15:00 | Comments(0)

浅田次郎最新刊に涙♪

それは教科書に載らない戦争の実話です。

8月15日の終戦記念日があるなら、日ソの開戦のお話しです。

そして日本は樺太を失い、北方4島も占拠されたまま現在に至るのである。

私が小学生の頃は樺太から引き揚げてきた転校生もいました。今や樺太という島の名前すら消えたことに政治機能不在の国家の行く末を憂えるばかりです。

太平洋戦争末期の地方の徴兵の場面からあの戦争のを斬っていく浅田次郎の筆致が哀しさを増幅します。

終戦記念日も近いですからこの本でもう一度あの戦争を総括したいものです。

虚構の龍馬伝より小説の形はとっていますが65年前の現実を知って欲しいと思います。

浅田次郎最新刊「終わらざる夏」上下2刊この夏絶対読んで欲しい一冊です。
[PR]
by mash-cosme | 2010-07-25 20:07 | Comments(0)

勉強会も熱いよ♪

夜6時からの勉強会が予定の8時半を過ぎても終わりません。

今日のテーマは「アミノ酸の効用」で肌や髪のケアにどのように使うかと食する場合の注意点です。

私の勉強会初めてさんが半分以上だったため質疑応答が殺到してしまいました。(今休憩を貰いました)

特に質問が集中してるのがお酢の効用です。

お酢は暑い地方の食べ物だということの説明のため陰陽五行から解説をしています。

次回にしましょうかと言うと遅くなっても今日知りたいということで熱くなっています。(只今二時間オーバー中です)

勉強熱心は嬉しいので今日は未だ未だ終わりません。
[PR]
by mash-cosme | 2010-07-24 22:30 | Comments(0)

お母さん教室の成果♪

今年の2月からアトピーの子供のいるお母さん教室をはじめて四回目の勉強会が今日ありました。

男の子のアトピーはお母さんの問題、女の子のアトピーはお父さんの問題として親に自覚してもらうことをテーマに勉強してきました。

はじめは半信半疑だったお母さんたちも子供たちのアトピーが改善するにしたがい変わっていきました。

今回お母さん自身もアトピーだった方の母子が劇的に改善され今日体験をお話しくださいました。

私は気付かなかったのですが、私に対して相当不信があったそうです。

それでも毎回勉強会に来ていたのは子供のアトピーを治したいという思いだったそうです。

テレビや雑誌に取り上げられた診療はほとんど受けたそうですがアトピーは改善されなかったそうです。

私の方法は子供のアトピーを親の問題として扱っていることが着いてきた理由だそうです。

初めてこのお母さんにお会いして面接したときに、私は子供のアトピーはお母さんあなたのせいですよと言い切りました。

あなたが旦那さんの親との関係を改善しなければお子さんのアトピーは治りませんとお話ししてプログラムをつくりました。

旦那さんの母親との関係が4月くらいから良くなってくると、子供のアトピーはみるみる良くなったそうです。

気付いたらお母さん自身のアトピーも改善されていたという体験を皆さんの前で披露してくれました。

毎回この勉強会は良くなったお母さんから最初は怪しい人だと思いましたと言われています。(実はちょっとめげています)

最近は紹介で参加するお母さんもでてきているので嬉しいことです。

参加された方の大体六割位は治っています。治らない方の大半は一回目の勉強会で後は来なくなった方です。

私は茨城出身なので言葉がきついみたいです。これからは優しく話すように気をつけますので最後まで参加してくださいね。

お母さん教室はこれから結婚なさる方でも参加できるようにと要望がありましたので、これからは間口を拡げて行きたいと思います。
但しお父さん教室の予定はありません。悪しからず…
[PR]
by mash-cosme | 2010-07-23 21:32 | Comments(0)