みんなキレイにしてあげる!はコスメティッククリエイターであるマッシュのブログです。


by mash-cosme

<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

キレイは学ぶもの♪

「みんなキレイにしてあげる」を通して沢山の方と出会いました。

今日もまた新しい出会いがありました。

何が嬉しいかと言いますとキレイを学べるからです。
キレイは学ぶものです。

日々出会いの中で学んだものを自分の研究に活かして成果に繋げることは楽しいことです。

そして情報発信をしてまた新しい出会いが生まれる。
学びに終わりは無いと言いますが、より深くより拡く学びの世界は膨らみます。
勉強会も美容師さんとのコミュニケーションから始まって、今では色んな方との出会いの場になりました。
これからもみんな一緒にキレイを学んで行きましょう。
[PR]
by mash-cosme | 2011-05-31 21:29 | Comments(0)

岐山の阜に起つ♪

岐阜は信長が斎藤龍興を破り井口の城に起って「天下布武」を唱えたことにより師の沢彦和尚が周の文王が岐山に拠って天下を平定したことに因んで名付けた地です。つまりここを岐山の阜に見立てた訳です。

岐阜を訪れると必ずこの故事を思い出してしまいます。

また信長の人気の由縁もここにあると思います。

さて「天下布武」は教科書にも載る言葉ですがこれほど誤解された言葉もないと思います。

天下に武を布くとは武力制覇という意味ではありません。

相手の戈を治めさせる(止める)ということであり、また武力ではなく徳により相手が自ら戈を治めることを指しています。

その後の信長の闘いがこの言葉を誤解させたのは無理もありません。

しかしこの時代は応仁の乱からの戦乱で幕府も天皇も無力であった訳ですから致し方ない面があるのも事実です。

比叡山の焼き討ちはその時の状況を語っています。僧侶でさえ武装し野盗も匿うような堕落したものに徳の力も及ばなかったのかも知れません。

周の文王でさえ武力の平定があっての徳政なのですら…。

我が国の総理大臣も相手の戈を治めさせる徳を身に付ければいいのですが、こればかりは一朝一夕には身に付かないものですから。
[PR]
by mash-cosme | 2011-05-30 15:17 | Comments(0)

人恋しい手のお話し♪

私の手はすごく柔らかいので驚かれます。

五十代の男の手ではありません。

勿論柔らかいままでいられるように手入れも欠かせません。

手のケアで大事なことは人と手をつなぐことです。

手をつなぐと相手のことがよく理解出来ます。

また微妙な心の動きも伝わってきます。

ちょっと恥ずかしいような気分にもなります。

手の柔らかさや温かさがあたかも心のそれと連動して伝わってきます。

すると自分の手のことを考えてしまいます。

がさついてないだろうか?冷たくないだろうか?…と手のことを考えることが一番のケアなのです。

意識をしなければキレイをつくることは出来ません。
顔だって意識の外という人もいるようです。

手は触れ合う手段ですが心のふれあいに通ずるものなのです。

人間関係が現れる場所でもあります。

肌が合う合わないとは人間関係ですから、文字通り肌のトラブルは人間関係のトラブルから始まっていると理解して下さい。

人間関係を高めることで肌が良くなります。

特に親子関係は顕著です。
アトピー性皮膚炎が親子関係の改善で治った例は沢山あります。

手は人が好きです。人恋しくて寂しくなると手荒れして気付かせてくれているのかも知れません。
[PR]
by mash-cosme | 2011-05-29 16:07 | Comments(0)

雨夜の品定め現代版♪

五月雨の夜の女性談と言えば源氏物語の《ははぎぎ》での有名シーンですが、最近は女性が男性の品定めをしていることが多いようです。

ははぎぎの意味は遠くでは見えるのに近寄ると見えない伝説の木から、逢えそうで逢えない人に準えたお話しです。

テレビ東京『極嬢ヂカラ』は大橋美歩とYOUそれにゲストが赤裸々に語る現代版雨夜の品定めではないでしょうか。

この番組では大橋美歩が絶対言わなそうなことをYOUが上手くリードして本音を引き出してしまうことです。

我々男たちは女性からどんな品定めにあっているのか理解していません。

また女性たちも男たちに理解されるようなメッセージを残しません。

男と女は解りあえないから面白いとも言えますが、雨夜の品定めがお互いに理解しあえるメッセージを残せたらと思うのは私だけでしょうか。

雨夜の洒落たレストランで若いOLたちの品定め場面に遭遇した感想でした。
[PR]
by mash-cosme | 2011-05-28 17:46 | Comments(0)

夜のブレンドティー♪

最近お茶のブレンドに凝っています。

きっかけは煎茶にミントティーのパックを入れてしまったことです。

これが案外美味しくて色々試しています。

夜仕事や本を読むならジャスミンティーにミントティーを6対4でどうぞ。

逆にぐっすり眠りたい時は焙じ玄米茶と番茶をお好みでブレンドしてどうぞ。

今一番のお気に入りはアールグレイにジャスミンティーを加えたマッシュブレンドです。

これを飲みながら一日の振り返りや音楽を聴くのが心に栄養になっています。

今日はレモンティーと深蒸し煎茶という新しいブレンドを試しました。

最初レモンティーをメインにしていたのですが逆に深蒸し煎茶を8割にしてみました。

まだコーヒーは試していません。

色んなブレンドで楽しめて美味しいというのがいいですよ。
[PR]
by mash-cosme | 2011-05-27 19:38 | Comments(0)
今回の化粧品原料展示会で代替シリコーンが何社かから出品されました。

メドウラクトンの時に少し触れましたがシリコーンそのものを否定している訳ではありません。

毛表皮に対してその機能を阻害することが良くないと説明したつもりです。

つまり強力なコーティング剤はその特性故に手触りという感触で毛表皮を機能停止に追い込んでいくのです。

勿論手触りは重要なことですが、毛表皮が本来の機能を発揮すれば済むことです。

もっと毛表皮の機能を回復させることに注力をした原料開発をして欲しいものです。

私は18-MEAを毛表皮の改善に使いますがこの成分も誤解が多くあります。

18-MEAは毛表皮が濡れた時に水分が髪に接する面積を小さくするものです。従って毛表皮に水滴が留まれず撥水するわけです。

この成分で手触りが良くなることはありません。

そのために18-MEAをコンセプト成分として謳いながらオイル系のトリートメントばかりが市場に出る始末です。

これでは18-MEAの効果は引き出せません。

開発担当と処方担当と毛髪生理の専門家が一体となった原料づくりを何故しないのか問題提起をしたいと思います。

本当に有効な原料が開発されることを望みます。
[PR]
by mash-cosme | 2011-05-26 10:39 | Comments(0)
c0224599_14591074.jpg

今年も化粧品原料の展示会がパシフィコ横浜で開催されました。

毎年情報収集と他社動向を探るために参加しています。

今年は良さそうな新原料が多くブース立ち寄りの時間も永くなりました。

特に注目したのは玉ねぎの皮から抽出した抗菌作用のある成分です。

ニキビ菌(アクネ菌)に対して有効なのでメンズコスメ等に応用したいと思います。

またイスラエル産のグレープフルーツ果皮油がグレードも良く開発中のシャンプーに採用しようと思います。

他には韓国や中国のブース出展も増えているようです。

やはり産業はアジア圏の視点で見る必要があるようです。
[PR]
by mash-cosme | 2011-05-25 14:59 | Comments(0)
わたしの化粧品の処方では溶けないとか沈澱するとか濁りが出るといったものがあります。

工場の技術者が最も嫌がる処方です。

また技術レベル低い工場では生産を引き受けてはくれない所も多いです。

これまでこの問題のある処方では工場責任者と仲良くなることで無理にお願いしてきたことが大半でした。
最近新しい工場の責任者と知り合ってこういう処方があることに興味を持って頂きました。

美容師の高い技術力があればこその製品だと理解して頂いたからです。

しかし本社の意向はノーでした。

私は交渉決裂と思っていたのですが工場責任者の個人的判断で仕事を進めることになりました。

実務の担当者と打ち合わせをすると勉強目的で取り引きを進めるとのことでした。

今までの私は仲良くなれない相手との仕事は避けてきましたが、勉強目的というスタンスなら仲良くなれない相手との仕事も受け入れるべきと判断しました。

この勉強目的という共通認識は仲良くなれない相手でもスムーズに仕事が出来ることを知りました。

研究課題が増えている中での新しい関係構築に役立ちそうです。

仲良くなれない相手には今までのパターンを超えた関係で接してみるねは新鮮です。
[PR]
by mash-cosme | 2011-05-24 15:11 | Comments(0)

ニッポニウム?

研究者にとって自分が閃くものは誰かも閃くという原則を常に頭に入れなければなりません。

時代を検証すれば明らかです。

偉大な発明や発見の前後には同じような研究をしていた者が沢山いたことが分かります。

日本人の研究者でも元素レニウムを発見しながら原子価を間違えてしまったために発見者としての地位をさらわれてしまった人がおります。

正しい原子価を出していればレニウムはニッポニウムという名前の元素になっていたかも知れません。

研究とは案外こんなものです。

私だけが閃く奇跡は稀です。私が閃いたのだから誰かも閃いたかも知れないと考えて早く正しく発表することが肝要です。

また新たな閃きを具現化するために毎日の研究があります。
[PR]
by mash-cosme | 2011-05-23 16:53 | Comments(0)
好評のソルトリキッドにヒアルロン酸の配合とグレープフルーツ果皮油を加えたエクストラバージョンを完成させました。

この夏はシャワーを浴びる機会が増えることが予想されます。

その都度洗浄剤を使うことで髪や肌を傷めないための新ツールとしてソルトリキッドを拡めたいと考えております。

ソルトリキッドは炭酸泉シャワーを導入したサロン向けの開発ですが、通常のシャワーでも効果は絶大です。

またお客様向けの販売も可能な容量を新たに投入します。

この機会に是非お試しください。
[PR]
by mash-cosme | 2011-05-22 11:46 | Comments(0)